本文へ移動

校長挨拶

鳥取敬愛高等学校         校長 二階堂 茂夫
鳥取敬愛高等学校の学び
 
 本校の特色はといえば、生徒と教師の距離が近いとよく言われます。
 教師と生徒がともに寄り添い、お互いに高め合っています。結果として、卒業の際には、お互いの成長を喜び、実感し感極まるのだとも思います。
 「学びを共有」し「楽しくなければ学校じゃない」「生徒と教師が学び合う学校」を目指しています。
 当然、教師の資質について、多様性、ダイバーシティーが求められるとともに、生徒、さらには教師相互の敬愛の信条に基づいて教育活動に取り組んでいるところです。
 本校の教育は、大学受験をゴールとするのではなく、生徒一人ひとりの夢や希望を叶え、社会で活躍する人材を育てることを目指しています。
 次世代で活躍するために、筋道を立てて物事を考える論理的思考力や、それを他者に分かりやすく伝えるための表現力、あるいは仲間と協力して問題を解決しようとするコミュニケーション能力が必要になってくると考えます。そうした力を養うために、次世代を見据えた独自の学習システムを積極的に導入するとともに、生徒の向上心や意欲を高める効果的な授業を実践しています。
 さらに、生徒一人ひとりが自身の未来を思い描くことで、“今すべきこと”に気づきを促すキャリア教育や、自ら考え、様々な問題や課題を解決する能力を養うリーダー教育を実践することで、 日々の活動に意味を感じながら、何事にも全力で向き合う姿勢がつくられていきます。
 加えて、本校では学校行事や部活動も、将来社会で活躍する生徒の成長に欠かせない要素だと考えています。一生に一度の高校生活において、やりたいことに本気で取り組むというのは尊い経験です。そしてその活動の中でこそ“人間力”を伸ばすことができるのだと考えます。
 学習面やキャリアデザイン、そして行事や部活動と、学園生活のあらゆる面で、私たちは、生徒たちのかけがえのない高校生活を力強くサポートします。生徒一人ひとりと真剣に向き合うことのできる、愛情と熱意をもった教員が、みなさんとの新たな出会いを待っています。
TOPへ戻る